アメリカ人の食生活を大バッシング!!な映画

Pocket
LINEで送る

アメリカで話題になっている「Super Size Me」という映画を観に行ってきた。

「オレをスーパーサイズ(特大)にしてくれ!」というのが題名の直訳となるが、これは、「マクドナルドを朝、昼、晩と1ヵ月間食べ続けたらどうなるか?」という人体実験を試みたドキュメンタリーで、監督のモーガン・スパーロック氏が自らモルモットとなって、その様子を克明に記録していく映画だ。

このサイトで何度も取り上げ、日本でもたびたび報道されているから、多くの方はアメリカ人の「肥満度」についてご存知だと思う。Super Size Meは、アメリカの特大カルチャーがもたらす肥満社会に警鐘を鳴らす映画として評価され、すでにサンダンス映画祭で最優秀監督賞を受賞している。マクドナルド側は否定するが、この映画がマックに与えた影響の大きさにも注目が集まっている。

「もうファストフードが食べられなくなる」、「ハンバーガーが怖い」、「これからは食事に気をつけます」といったコメントを聞いていたので、先に食べてから行くべきか(観てる途中で吐いちゃったらどうしよう・・・)、映画の後に食べるべきか(お腹がすいても、食べる気にならないかも・・・)でかなり悩んだ。

結局、お昼を食べてから午後2時30分の上映に行ったのだが、映画の内容は、ただ単にスパーロック氏の様子を撮影するだけに留まらず、各分野の専門家に健康や食生活についてインタビューし、市民の声を聞き、いろいろなデータを集め、アメリカが抱える「肥満」という問題の真相を究明していくというものだった。徹底的な調査と取材をベースに、笑いを交えながら、作り手のメッセージを伝えるという手法は、マイケル・ムーア氏のそれに似ていると思った。

スパーロック氏は、毎日メニューを変えながらマックを食べ続ける。彼に起こった変化は、太っただけではなかった。体脂肪率やコレステロール値が上昇し、体調はどんどん悪化、気分がすぐれず、ほとんど鬱状態になり、集中力や性機能まで低下してしまい、(本人もここまで予測していなかったのか)実に体を張った実験になってしまった。

細かな内容は省略するが、映画の中で指摘されていることと、「アメリカ人の食生活を大バッシング!!」 で書いたことが、いくつもダブっていたので驚いてしまった。ただし、映画は肥満の問題をさらに掘り下げていく。そこで明らかになったのは、問題の根底にあるのが、マクドナルドをはじめとする、莫大な利益をむさぼる大企業、その企業に抱え込まれているワシントンの政治家、怠惰で無責任で無知な大人たち、その 犠牲になっている子供、という像だった。

マクドナルド第1号店の開店は1948年のこと。アメリカでもまだ外食が贅沢な時代に、早くかつ安く食べ物を提供するというやり方は実に斬新で、新たな飲食スタイルの幕開けとなった。しかし、早くて安ければ何でもいいというファーストフードのビジネスモデルは、もう時代錯誤なのではないかと思った。たとえそこに市場があっても、だ。技術が発達した今日、早くて安いは当たり前で、さらに安全で健康にいい食べ物が求められているということではないだろうか。

しかし、今のアメリカを見ていると、国民が肥満や病気になることで経済が回っているから怖くなる。食品会社は商品のサイズをどんどん大きくし、レストランも大盛りの料理を出して値段を吊り上げ、利益を増幅させている。そして肥満の人が増えると、ダイエットやフィットネス業界が儲かり、健康障害を起こせば医者や製薬会社の市場が広がる。アメリカ人がみな食生活に気を使い、健康になってしまったら、都合の悪くなる人が大勢いるのだ。

Super Size Meは、日本でも近々公開されるらしい。ちなみに、気持ち悪いシーンはいくつかあるものの、観てる方まで吐くほどではない。だから、食べてから観に行くのが正解。映画の後は、さすがに何かを食べる気にはなれない。

Pocket
LINEで送る

Comments are closed.