WordPressが大好きという話

Pocket
LINEで送る

個人サイトを開設してもうすぐ10年になります。

何度もURLが変わったし、ブログを別にやったりと、色々な曲折がありましたが、ようやくここで1つにスッキリとまとめることができました。

それもこれもWordPressのおかげです。

WordPressに出会ったのは2年くらい前ですが、いまいち使い方が分からなくて導入に踏み切れませんでした。ところが仕事で使わざるを得ない状況になって覚え始めたら、その性能、柔軟性、優位性がブログサービスの比でないことがわかり、大大大好きになってしまいました。

WordPressは単なるブログではなく、コンテンツマネジメントシステム(CMS)と呼ばれるウェブサイトの制作システムです。現在、世の中には無料のCMSが多数出回っていますが、WordPressはその代表のような存在です。素人にも使いやすく、そしてカスタマイズしやすい特長があります。

WordPressには2つの種類があります。WordPress.comを通じて利用できるブログと、WordPress.orgを通じて利用できるCMSのプラットフォームです。

ドットコムのブログのほうは、すでに出回っているブログサービスの延長のような感じです。URLもhttp://XXX.wordpress.comのように独自ドメインが取れません(独自ドメインが欲しければ有料になります)。ですが、何かと制約が多く、サーバが重く、色々なコンテンツが勝手に入ってくる従来のブログサービスに比べると、WordPressのブログはとても自由に感じられると思います。

一方、ドットオルグのプラットフォームのほうは、構造、デザイン、機能などをかなり自由にいじることができます。こちらは自分でホスティングサーバを契約し、ドメインを取る必要があります。ですが、いかにも「ブログでございます」という見た目ではなく、従来のウェブサイトのような作り方が可能なので、最近はCMSを自社のウェブサイトに導入する企業が急増しています。

WordPressのデザインテンプレートというのも広く出回っています。WordPressが配布する公式テンプレートのほかに、外部のこういったサイトからもダウンロードできます。当サイトも無料テンプレートを利用してパパパーっとつくりました。素人が一からデザインするのは無理なので、テンプレートは心強い味方です。

ただ、サーバにWordPressをインストールするのは、素人にはちょっと難しいかもしれません。なぜならデータベースがくっついているからです。HTMLや画像ファイルだけならFTPで管理できていた私も、PHPファイルやデータベースの扱いは慣れないので、知り合いのプログラマーにお願いしてインストールしてもらいました。

WordPressはインターフェイスもシンプルで、慣れると「こんなに使いやすいものはない!」と感じるようになります。他のCMS、例えばJoomlaも仕事で使っていますが、こちらはもっと玄人っぽいシステムで、ブログの感覚ではできません。

従来のブログサービスにそろそろ飽きてきた、もっとブログで色々なことをしてみたい、ウェブの知識はないけれど自分でサイトを管理したい、という人にWordPressはぴったりだと思います。もちろん、ウェブの知識がある人も多彩な機能をきっと気に入るはずです。これまでサイトやブログのことで何度もつまづいてきた私ですが、ようやくここでクリアな解決策が見つかった気分です。

本当にWordPress様様です。

Pocket
LINEで送る

Comments are closed.