2014年の私 (=備忘録)

Pocket
LINEで送る

クリスマスツリー

サイトを更新せずに半年なんてすぐ過ぎてしまいますね。でもいいんです、U.S. Weekly Tribuneは2002年からずっと続けています。私にとっては常に更新しているより、続いていること、記録が残っていることが大切です。

年末なので今年1年の出来事を備忘録としてまとめておきます。ソーシャルメディアからすっかり遠ざかっている私の近況を、ここでチェックしてくれている人もいるので、その方達への報告も兼ねた投稿です。

結論から言うと、2014年はお世辞にも「良い年」とは言えませんでした(笑)3月の投稿「今年はたぶん浄化の年」に書いたように、年始を日本で迎えていいスタートを切ったのですが、その後どんどん運が下降していって、自分でコントロールできない要素も多く、気分もズドーンと下がってまさに負のスパイラルでした。

時系列で見ていきます。

1月15日 日本から帰国
1月中旬 前年から浮上していた夫の転勤の可能性が濃厚に(オレゴン州)。夫は2013年11月からずっと出張ベースで東海岸、オレゴンに滞在してほとんど不在
2月 自分の仕事で数々のトラブル。ストレスから慢性的な疲労状態に
夫にオレゴン勤務の辞令が出る
3月中旬 夫婦で協議の結果、夫はオレゴンへの転勤を断って会社に異動願いを出す
(私はオレゴンでエコライフでも始めて本でも書くか、と思ったんだけど^_^夫がどうしてもオレゴンで働くのは嫌だということで)
5月下旬 パートナー達と経営してきた会社(LLC)を私が一人で引き取る
夫の異動願いが受理され、カリフォルニア勤務が正式に決定、オレゴン行きはなしに
7月上旬 引き取った会社(LLC)を株式会社にして再スタート
7月下旬 6年間教えた土曜日の日本語学校を退職
(毎週5時半起きでがんばってきたけれど、さすがに仕事と両立できなくなったので)
8月1日 新しいオフィス(タスティン)に引越
歴史的建造物に指定されている、自分の好みにこれ以上ないくらいはまっているオフィスに巡り合えて、新会社にとって幸先の良いスタートに!
(オフィスの様子はこちらに投稿
8月中旬 2011年に今の家に引っ越してきてからずっと目標にしていたキッチンのリモデル(全改装)に着手
業者を入れ、1ヵ月半にわたってまったく料理できず
9月下旬 業者によるキッチンの工事が終了、ドリームキッチン完成!
10月9日~15日 法事のため日本に帰国
10月中旬~11月 ラスベガスでの展示会、複数の調査、企業のアメリカ進出サポート、新規顧客の開拓と、仕事の繁忙がピークに!
11月上旬 夏以降の忙しさから体調を崩し軽い潰瘍に
サンクスギビング明けにギックリ腰に(情けな~い!)
12月 なんとか体調を回復させホリデーシーズンを迎える

今年前半は夫の仕事に左右されて五里霧中だったけど、それが決着した後は新会社を設立して奮闘し、悲願だったキッチンの改装もやってのけ(プロジェクトマネジャー=私)、体調を崩しつつも仕事で成果を出し、年末に平和な日々を迎えることができました。

2015年は今年ほど疲労困憊しない年にしたいですね。健康にも気を使わないとやばいやばい。キッチンの改装については、いつも仕事をお願いするプロカメラマンが1月に写真を撮ってくれるので、それを公開して大プロジェクトの様子を紹介したいと思います。アメリカで家の改築がいかに重要であるか、アメリカ人にとってどれほど大きなウエイトを占めているかは、コラムとして2002年に紹介しました。こちらの投稿をぜひ読んで下さい。

なんとか2014年中に書き終えました。

今から投稿。良いお年を!

Pocket
LINEで送る

Comments are closed.