仕事人から経営者へ

Pocket
LINEで送る

アメリカ進出

2015年の抱負は細かいことを言えばキリがありませんが、ひとつだけブレずに成し遂げたいことがあるので、有言実行の意味でここに書き留めておきます。

昨年7月に株式会社を設立して以来、働き方が大きく変わりました。お金、人、オフィスなどの管理に割く時間が大幅に増え、その分プロジェクトのための作業時間は減ってきています。経営者として動かなければならないのだ、と痛感しました。

それまでやってきた会社は個人事業の色合いが濃く、人を雇っていても結局は自分で仕事を取ってきて自分で仕事を完成させる、という働き方でした。つまり「仕事人」の立場だったわけです。だから経営者という自覚がほとんどなかったのですが、今の会社ではそうはいきません。常にお金の計算をし、半年先、1年先のことを考える必要性に迫られています。

そんな状況で、経営者として自分のためではなく会社のために仕事し、少しでも成長することが今年の明確な目標です。

このサイトはフリーランスとして活動し始めた2002年に開設しました。それから個人事業主となり、パートナー2人と共同経営者になり、単独経営者になりと、12年の間に少しずつ変化していきました。

今こうなったのも、「会社つくって一旗あげたるで~」という意気込みから始まったわけではなく、共同経営してきた合弁会社をパートナーから引き取って株式会社にしたことがきっかけでした。私は、一度始めたことを簡単に辞めるのが嫌いな性格です。共同経営というのはやはり難しく、合弁会社は正直言ってうまくいきませんでした。パートナー達が抜けたいと言った時に「ならば私が引き取ろう。このまま日の目をみずに閉鎖したら会社がかわいそう」と思ったのです。

そんな成り行き的に始まってしまった会社経営ですが、やると決めたからには納得するまでやります。一方で、私はすでにかなり長い年月仕事をしてきています。仕事のやり方、能力、強み、弱点など、自分をずいぶん客観的に評価できるようになっています。だから自分の器でないこと、無理なことに挑戦するのではなく、自分らしい経営ができるように精いっぱいやろうという思いで、それほど肩ひじ張った気持ちはありません。

また次の投稿が半年後とか今年の年末になるかもしれませんが、良い報告ができることを願っています。

Pocket
LINEで送る

Comments are closed.