キッチン全改装:ビフォー&アフター

Pocket
LINEで送る

早いもので今年もすでに9月。案の定というか、予測どおりというか、年始の投稿から8ヵ月も経ってしまいました。この間に大きな達成があったので、3連休の今日、久しぶりにブログを書いて記録しておこうという気になりました。

2012年に今の家に移ってきてからホームインプルーブメントをずっとやっています。主人が得意なのでほとんどDIYです。2014年夏にようやく悲願だったキッチンの改装に着手しました。さすがにキッチンは自分達で手を入れるには無理がありすぎるので、業者を雇って専門的な部分はやってもらいました。

その工事が終わったのが2014年9月末(げ、1年前だ!)。ですがその後も細かい部分を自分達で改装したり、飾りを施したりと、プロジェクトはずーっと続いていて、ようやく「よし!これで完成だ!」と自分で納得できる状態になったのが2015年5月でした。その完成した状態を記録するためにプロのカメラマンに写真を撮ってもらいました。以下はその写真の一部です。

まずはビフォーから。1969年築でずっと改装していない家なので、キッチンも完全に時代錯誤の代物となっていました。広さはあるのにレイアウトが変だし、床はリノリウム、カウンターはタイル、さらにレンジが電磁コイルというのが泣かせてくれます(涙)
キッチン DIY

解体前日。モノをすべて撤去して作りつけのキャビネットとカウンターだけの状態に。
キッチン改装ビフォー

半日でこの状態に。まっさらの空っぽです。アングルは上の写真と同じ。つまり全部スクラップ状態にして作り直すリモデル(全改装)のプロジェクトなのです。
reno03

途中経過。壁を張り直してカウンター下のキャビネットが取り付けられました。
キッチンリノベーション

本当に長い道のりでしたが途中は割愛して以下がアフター。20年間アメリカで頑張った自分へのご褒美、ドリームキッチンの完成です!
ドリームキッチン
アメリカのキッチン
ホームインプルーブメント

ポートフォーリオも兼ねてさらに多くの画像をこちらにアップロードしてあります。商業撮影などに使っていただけますのでよろしく!

Pocket
LINEで送る

Comments are closed.