アメリカ人の食生活を大バッシング!!な映画

アメリカで話題になっている「Super Size Me」という映画を観に行ってきた。 「オレをスーパーサイズ(特大)にしてくれ!」というのが題名の直訳となるが、これは、「マクドナルドを朝、昼、晩と1ヵ月間食べ続けたらどうなるか?」という人体実験を試みたドキュメンタリーで、監督のモーガン・スパーロック氏が自らモルモットとなって、その様子を克明に記録していく映画だ。 このサイトで何度も取り上げ、日本でもたびたび報道されているから、多くの方はアメリカ人の「肥満度」についてご存知だと思う。Super Size Meは、アメリカの特大カルチャーがもたらす肥満社会に警鐘を鳴らす映画として評価され、すでにサンダンス映画祭で最優秀監督賞を受賞している。マクドナルド側は否定するが、この映画がマックに与えた影響の大きさにも注目が集まっている。 「もうファストフードが食べられなくなる」、「ハンバーガーが怖い」、「これからは食事に気をつけます」といったコメントを聞いていたので、先に食べてから行くべきか(観てる途中で吐いちゃったらどうしよう・・・)、映画の後に食べるべきか(お腹がすいても、食べる気にならないかも・・・)でかなり悩んだ。 結局、お昼を食べてから午後2時30分の上映に行ったのだが、映画の内容は、ただ単にスパーロック氏の様子を撮影するだけに留まらず、各分野の専門家に健康や食生活についてインタビューし、市民の声を聞き、いろいろなデータを集め、アメリカが抱える「肥満」という問題の真相を究明していくというものだった。徹底的な調査と取材をベースに、笑いを交えながら、作り手のメッセージを伝えるという手法は、マイケル・ムーア氏のそれに似ていると思った。 スパーロック氏は、毎日メニューを変えながらマックを食べ続ける。彼に起こった変化は、太っただけではなかった。体脂肪率やコレステロール値が上昇し、体調はどんどん悪化、気分がすぐれず、ほとんど鬱状態になり、集中力や性機能まで低下してしまい、(本人もここまで予測していなかったのか)実に体を張った実験になってしまった。 細かな内容は省略するが、映画の中で指摘されていることと、「アメリカ人の食生活を大バッシング!!」 で書いたことが、いくつもダブっていたので驚いてしまった。ただし、映画は肥満の問題をさらに掘り下げていく。そこで明らかになったのは、問題の根底にあるのが、マクドナルドをはじめとする、莫大な利益をむさぼる大企業、その企業に抱え込まれているワシントンの政治家、怠惰で無責任で無知な大人たち、その 犠牲になっている子供、という像だった。 マクドナルド第1号店の開店は1948年のこと。アメリカでもまだ外食が贅沢な時代に、早くかつ安く食べ物を提供するというやり方は実に斬新で、新たな飲食スタイルの幕開けとなった。しかし、早くて安ければ何でもいいというファーストフードのビジネスモデルは、もう時代錯誤なのではないかと思った。たとえそこに市場があっても、だ。技術が発達した今日、早くて安いは当たり前で、さらに安全で健康にいい食べ物が求められているということではないだろうか。 しかし、今のアメリカを見ていると、国民が肥満や病気になることで経済が回っているから怖くなる。食品会社は商品のサイズをどんどん大きくし、レストランも大盛りの料理を出して値段を吊り上げ、利益を増幅させている。そして肥満の人が増えると、ダイエットやフィットネス業界が儲かり、健康障害を起こせば医者や製薬会社の市場が広がる。アメリカ人がみな食生活に気を使い、健康になってしまったら、都合の悪くなる人が大勢いるのだ。 Super Size Meは、日本でも近々公開されるらしい。ちなみに、気持ち悪いシーンはいくつかあるものの、観てる方まで吐くほどではない。だから、食べてから観に行くのが正解。映画の後は、さすがに何かを食べる気にはなれない。

レディファースト

日本人男性を悩ますアメリカの習慣の1つが、「レディファースト」だと言う。戸口で、エレベーターで、レストランで、乗り物で、女性をエスコートしつつも先に行かせてあげなければならないのは、本当に気を使うのだそうだ。もしこれに失敗しようものなら、「まったく、男尊女卑の日本人!」とばかりにアメリカ人女性ににらまれてしまうのだから、日々の心労は計り知れないものがある。これはもう何というか、生まれた時からの習慣として身に付いているかいないかの問題で、ある日突然強制させられたところで、上手にできるわけがないのである。 しかし、戸惑っているのは何も男性だけではない。日本で男性の後をくっついて行くことに慣れていた女性だって、ある日急に「先に行け」と言われたら、やはりスムーズにできないものである。特にエレベーターなどであからさまにドアを開けて待っていてくれたりすると、むしろ気後れしてしまうというか、申し訳ないというか、ちょっと恥ずかしい気持ちになってしまう。やはりどこか謙虚な日本人女性は、アメリカ人女性のように堂々と「レディファースト」されることができないように思える。 日本人男性と一緒にいるときもまた困る。ここはアメリカなんだから、と開き直ってレディファーストされるべきなのか、それとも日本人同士でアメリカの流儀を押し通さないほうが良いのか、といつも気を使ってしまう。私の友人などは「日本人男性って、アメリカ人女性だけにレディファーストするでしょ。あれ、 あったま来る!」と憤慨しているが、私は誰が先に入ろうとそんな大した問題ではないと思う。いや、極端な話、レディファーストは時代錯誤の習慣ではないかという気さえするのだ。 レディファーストは、アメリカの建国期に極端に少なかった女性を勝ち取るために、男性が女性を立てる手段として社会に根付いていった。しかし現在のアメリカで、男女の人口比はあまり変わらないし、男女同権になったし、フェミニストたちは男女平等でなければいけないと言っている。もし男女平等なら、どちらが先でも構わないではないか。もしこれが逆で、女性が男性に譲らなければならない習慣だったとしたら、「女性差別」といって大変な騒ぎになるはず。この国のことだ、「公の場でジェントルマンファーストは禁止」などという州法がとっくにできていたことだろう。 アメリカ人男性の中には、レディファーストをすることに喜びを感じている人もいるという。その根底に「か弱いあなたたちを私たち男性が守って差し上げましょう」という優越感がないと言い切れるだろうか。女性がこれだけ賢く、たくましくなり、男性と同等に、時にはそれ以上に才能を発揮する今日のアメリカ社会で、「レディファーストなんかなくたって私たちは大丈夫」というくらいの余裕を、なぜ女性は持てないのだろうか。むしろ、レディファーストごときでギクシャクしている姿こそ、アメリカ社会がいまだに「隠れ男性優位」である証拠ではないだろうか。

サバービアの表と裏 その2

アメリカの郊外型住宅地、サバービアが抱える問題とは?「ボウリング・フォー・コロンバイン」「ステップフォード・ワイフ」という映画を通じて見えてくるサバービアの陰の部分を解説。 Continue reading サバービアの表と裏 その2

能力主義?それもいいけど・・・

日本に帰省して嬉しいのは、マクドナルドのお姉さんがとても親切なことだ。「マニュアル通り」と言われるが、少なくとも真心を持って接客しようとする態度 だけは感じとることができる。アメリカのマクドナルドではこうはいかない。店員はいつも不機嫌だし、接客の仕方も乱暴だ。意地悪されたことだってある。 何もこれはマクドナルドだけではない。ほかの飲食店や小売店などでも良く経験することだ。アメリカに来たばかりの頃は、日本的な接客と比較して、いちいち 腹が立ったものだが、最近はあまり気にならなくなった。接客については、よくアメリカ人にこう言われた。「店員に怒ったって仕方ないよ。彼らは時給6ドルしかもらってないんだし、ちゃんとしたトレーニングも受けていないんだ。そんなに多くを望むほうが間違っているんだよ」。 結局は、考え方の違いということだ。「自分は最低賃金しかもらっていないから、最低限の仕事をすれば良い」、「あの人は最低賃金しかもらっていないのだから、客も多くを期待すべきではない」、「もしより良いサービスを受けたければ、それなりの対価を払う場所に行けばいい」。アメリカはそういった合理的な対価主義がまかり通っている。最近はそれも流儀として受け入れることができるようになったが、実は非資本主義的で退廃的な考え方ではないかと今でも思っている。 日本の社会にも、能力主義を採用する動きが高まっている。能力のある者には年齢や勤続年数に関係なく、どんどん昇進、昇給させるというアレだ。確かに、これまで年功序列一辺倒だった日本にとっては、それも変化に必要とされる要素なのだろう。問題は能力のない者への対応をどうするかということだ。「営利目的の会社なんだから、能力のない者までは面倒見切れん」と言ってアメリカのように突き放すか。それとも、「会社と従業員は運命共同体。何かの縁があって来てくれたんだから、会社もできる限りのことはしますよ」と日本的に面倒をみるか。二者択一というわけではないだろうが、これは真剣に議論する価値はあると思 う。 能力主義のもとでは、能力のある者はどんどん賃金が上がるし、その分責任も増える。しかし、能力のない者に良い賃金は払えないし、責任を増やすこともできない。後者が開き直って「自分はどうせこれしか支払われないんだから、その分だけ仕事をすればいい」と考えるようになった時、対価主義という形で裏目に出てしまうことになる。アメリカは、能力のない者、つまり社会的弱者を見放したことによって、たちの悪い対価主義を膨張させてしまった。日本もアメリカ的な能力主義を取り入れることで、その危険にさらされていないだろうか。 「日本はアメリカと違って民度が高いから、そんな心配はいらないだろう」とアメリカ人は言うが、さてどうだろうか。日本の今の若者はかなりシニカルだ。頑張っても正当に評価されなかったり、仕事に価値を見出していなかったりすれば、開き直ってしまうかもしれない。誰もが昇進、昇給を目指すとは限らない。そして、どの社会もマジョリティは凡人なのだから、その層を無視してしまえば、社会的なひずみがでることは明らかだ。能力主義を進める時、それと背中合わせにある対価主義を同時に考える必要があるだろう。

アメリカ人の食生活を大バッシング!!

人口全体の60%が体重超過というアメリカ。肥満の原因を「食生活」と考える筆者が、日本人の常識では考えられないアメリカ人の食生活の実態を大バッシング! Continue reading アメリカ人の食生活を大バッシング!!

アメリカ人とホームインプルーブメント

30兆円規模と言われるアメリカのホームインプルーブメント産業(日本的にはDIY産業)。そこで重要な役割を果たす小売店とアメリカ人のライフスタイルを紹介。 Continue reading アメリカ人とホームインプルーブメント