能力主義?それもいいけど・・・

日本に帰省して嬉しいのは、マクドナルドのお姉さんがとても親切なことだ。「マニュアル通り」と言われるが、少なくとも真心を持って接客しようとする態度 だけは感じとることができる。アメリカのマクドナルドではこうはいかない。店員はいつも不機嫌だし、接客の仕方も乱暴だ。意地悪されたことだってある。 何もこれはマクドナルドだけではない。ほかの飲食店や小売店などでも良く経験することだ。アメリカに来たばかりの頃は、日本的な接客と比較して、いちいち 腹が立ったものだが、最近はあまり気にならなくなった。接客については、よくアメリカ人にこう言われた。「店員に怒ったって仕方ないよ。彼らは時給6ドルしかもらってないんだし、ちゃんとしたトレーニングも受けていないんだ。そんなに多くを望むほうが間違っているんだよ」。 結局は、考え方の違いということだ。「自分は最低賃金しかもらっていないから、最低限の仕事をすれば良い」、「あの人は最低賃金しかもらっていないのだから、客も多くを期待すべきではない」、「もしより良いサービスを受けたければ、それなりの対価を払う場所に行けばいい」。アメリカはそういった合理的な対価主義がまかり通っている。最近はそれも流儀として受け入れることができるようになったが、実は非資本主義的で退廃的な考え方ではないかと今でも思っている。 日本の社会にも、能力主義を採用する動きが高まっている。能力のある者には年齢や勤続年数に関係なく、どんどん昇進、昇給させるというアレだ。確かに、これまで年功序列一辺倒だった日本にとっては、それも変化に必要とされる要素なのだろう。問題は能力のない者への対応をどうするかということだ。「営利目的の会社なんだから、能力のない者までは面倒見切れん」と言ってアメリカのように突き放すか。それとも、「会社と従業員は運命共同体。何かの縁があって来てくれたんだから、会社もできる限りのことはしますよ」と日本的に面倒をみるか。二者択一というわけではないだろうが、これは真剣に議論する価値はあると思 う。 能力主義のもとでは、能力のある者はどんどん賃金が上がるし、その分責任も増える。しかし、能力のない者に良い賃金は払えないし、責任を増やすこともできない。後者が開き直って「自分はどうせこれしか支払われないんだから、その分だけ仕事をすればいい」と考えるようになった時、対価主義という形で裏目に出てしまうことになる。アメリカは、能力のない者、つまり社会的弱者を見放したことによって、たちの悪い対価主義を膨張させてしまった。日本もアメリカ的な能力主義を取り入れることで、その危険にさらされていないだろうか。 「日本はアメリカと違って民度が高いから、そんな心配はいらないだろう」とアメリカ人は言うが、さてどうだろうか。日本の今の若者はかなりシニカルだ。頑張っても正当に評価されなかったり、仕事に価値を見出していなかったりすれば、開き直ってしまうかもしれない。誰もが昇進、昇給を目指すとは限らない。そして、どの社会もマジョリティは凡人なのだから、その層を無視してしまえば、社会的なひずみがでることは明らかだ。能力主義を進める時、それと背中合わせにある対価主義を同時に考える必要があるだろう。